プレイを続けてエンパイアカジノで稼いだら税金に注意!

By / On

エンパイアカジノに登録をして遊び始めて、最初の頃は慣れなくてあまり稼げなくても、少しずつコツをつかんだりボーナスを上手に活用して、少ない元手でも大金を手にすることができるようになるとカジノがもっと楽しくなります。続けているうちにエンパイアカジノの必勝法をマスターして、本業として稼いでいけるくらいのレベルに達する人もいるくらいです。実際にオンラインカジノを本職として生活している人も世界中にたくさんいて、特にライブでプレイすると世界中にいるプロのプレーヤーと出会えることもあります。

しかし、カジノで稼いだお金をそのままにしておくと税務署とのトラブルになる可能性があるため注意が必要です。エンパイアカジノで得た賞金は収入として扱われるので、税金の支払い義務が生じます。対象となる税金は所得税と住民税で、給与をもらって生活している人なら年間20万円以上の副収入があると申告しなければいけません。ギャンブルでの賞金は一時所得として計上し、50万円の特別控除額を差しい引いた金額が課税の対象です。例えば、その年の1月1日から12月31日までの間にエンパイアカジノで100万円稼いだ場合は、50万円を引いて残りの50万円に税金がかかります。

カジノで10万円しか稼いでいないから確定申告をしなくてもいいと思っていても、ほかの副収入があって合計額が20万円を超えてしまうとやはり申告の必要が生じます。所得が基準を満たさずに確定申告の義務がない立ち場の人でも、1円でも収入が発生すると申告義務があり、居住している自治体で確定申告をしなければなりません。エンパイアカジノでお小遣い稼ぎのつもりで数百円を儲けただけでも、法律的には課税の対象となってしまいます。

カジノで遊んでしっかり稼ぎたい人も、たくさん稼げばその分税金も高くなるので年間でどれくらい収入があるのか把握しておきましょう。なるべく課税額を低くしたいなら、控除額を考えて収入を五十万円台に抑えたり、サラリーマンや公務員ではなく確定申告の義務がない人なら普通徴税を選択するなど、工夫をすることで金額を少なくできます。

せっかく頑張ってエンパイアカジノで大儲けをしたのに、賞金のほとんどが税金として消えてしまうとがっかりします。稼いだお金を有効に使うためにも、日本国内や居住する自治体の税制について知っておいて、後から税務署の取り調べが入ったりしないように注意しましょう。